小学校受験の重要科目◆お箸の持ち方

お箸 小学校受験

小学校受験では、お箸に関する課題が
本当に多くの学校で毎年のように出題されています。

早稲田実業学校初等科、
学習院初等科、
立教女学院、
白百合学園小学校、
雙葉小学校…etc。

小学校受験の巧緻性の試験ではお弁当の時間を設けている学校もあり、

これはお弁当の食べ方を見られています。


過去に出題された学校を挙げるときりがないほど、
本当に毎年出題される課題です。
小学校受験をするならば避けて通ることはできません。

日本人の食生活にはお箸は言うまでもなく、
必要不可欠なアイテムです。

お箸を使えることは当然のことですね。

乳児期には自分で物を使えないので、
両親の手を借りスプーンやフォークを使って食べさせてもらいます。
月齢が進んでいくと、
一人でスプーンやフォークで食べられるようになります。
最初は口に運ぶ時にうまく使えな時期があるので、
手で拾い、口に入れている時期があります。
次第にスプーン、フォークの使い方も上手になって行きます。

この時期を少し過ぎた頃になると、
大人がお箸を持っていることに興味が沸き、お箸を欲しがり使いたがります。

お箸を使うのは一般的に2、3才頃と良く言われていますが、
お箸を使う時期のタイミングをご両親が急ぐと上手くいきません。
無理にお箸の練習をさせると
上手に食べることができなくなりお箸が嫌いになります。

まずは、鉛筆をキチンと正しく持てること

お教室では、年少さんになったばかりの生徒さんの中には、
まだまだお箸の持ち方が曖昧だったり、まだまだな生徒さんもいらっしゃいます。

まずは、スプーン、フォーク、えんぴつ、ペンなどの
握り方ができるようになってから
お箸の練習をすることをおススメいたします。
特に鉛筆がきちんと持てるようになることが大切です。

鉛筆が正しく持てることで、お箸もキレイ持てるようになります。
鉛筆とお箸の持ち方は繋がっている為、
鉛筆を正しく持てるようになってからお箸の持ち方を教えるようにしてください。

教えるタイミングも重要


食事のついでに教える方が居ますが、これはおススメしません。
食事中は、ご両親のしっかりご飯食べてもらいたいという思いで、
焦ったりするので思うように教えることができません。
また、お子様にもそのお気持ちは伝わります。

気持ちがゆったりしている時、空いている時間等で、
教える時間を取って伝えることが重要です。


お箸の持ち方はお父様またはお母様が、
お手本を見せて繰り返し教えてください。
教える前には、必ずご自身がきちんとお箸の持ち方ができているか
確認してください。
大人でもお箸の持ち方が曖昧な方は沢山いらっしゃいます。



1. 箸1本目を鉛筆の持ち方で持って下さい

2. 1本目の箸を鉛筆を持つようにもちながら人差し指と中指を動かします

3. 次に2本目の箸を1本目の箸と同時に持ち薬指の上にのせます

4. 2本目の箸を持ち上になった箸を繰り返し動かす練習をする


お箸は子供のサイズにあったものをお勧めいたします。
ここも大変重要です。
お箸にしても、ハサミにしてもお子さまのサイズにちゃんと
合ったものを使うことは上達の第一歩です。

最近は正しいお箸の持ち方の矯正器具なども市販されています。
お箸の練習をしても上手くいかない場合は、
このような物を使うこともおススメです。

こんなマナー違反にも注意

【お箸のマナー】

〇お箸の先端をかむ(かみ箸)

○料理に箸をつきさす(刺箸)

○料理の上で箸をうごかし迷う(迷い箸)

○ご飯に箸をさす(立て箸)
〇箸で食器を叩く(叩き箸)
〇お箸で人を指す(指し箸)
〇お箸についたものを舐める(ねぶり箸)
〇食事中に器の上に箸を渡して置く(渡し箸)
〇箸で器を移動させる(寄せ箸)
〇箸と箸で食べ物を渡す(箸渡し)
〇箸でつまんだ食べ物の汁を落としながら口に移す(なみだ箸)
〇器の中の料理を箸でかき回して探る(探り箸)

お箸 小学校受験 マナー
お箸 巧緻性
生活巧緻性 小学校受験
お箸 小学校受験 出題
小学校受験 巧緻性
女子校 巧緻性
小学校受験 塾 お箸
お箸 正しい使い方 小学校受験
お受験 お箸 問題
お箸 過去問 小学校受験
お受験 正しい お箸
小学校受験 合格 お箸

うっかり大人でもマナー違反なお箸の使い方を
してしまうこともあるかもしれません。
お箸の持ち方はもちろん
お箸を持つときのマナーを一緒に教えることも大切です。

日ごろご家庭だけではなく、
お友達や親戚などの他の人と食事をご一緒するような機会があるとは思います。

そんな時もお箸の持ち方が、
間違っていると印象を悪くしてしまうことに繋がりかねません。

どんな時でも自信を持って食事ができることは相手好印象を与え、
ステキな大人として見られます。
正しいお箸の持ち方は、自立への第一歩です。

幼児教育・小学校受験 塾
チャイルドUP赤坂