面接対策|お父様の服装編

小学校受験 面接考査

面接の際のお父さまの服装について、親子面接の練習時などの時に、
親御さんには必ず指導ををさせて頂いています。
模擬面接などをさせていただくと、お母さまは女性ということもあり、
服装にも意識が届き、様々なところから情報収集をされるので、あまりこちらから指導をしなくても、きちんとした服装でいらっしゃる方がほとんどです。

一方、お父さまの服装に関しては、こちらから指導をしないといけないような
格好で模擬面接にいらっしゃる方が、けっこういらっしゃいますので、注意が必要です。

濃紺のスーツが基本

さて、具体的なお父さまの服装でですが、濃紺のスーツ、これが基本です。
あまりにも地味で試験官の印象にの残らないではないか、
もう少しライトカラーのものがよいのではないか
などとおっしゃるお父さまもいらっしゃるのですが、
服装で印象に残ろうというような発想は捨ててください。
濃紺のスーツが一番誠実に見える鉄板の服装です。

スーツのブランドは特に高級なものである必要はありませんが、
自分の体型にあったものにしてください。
また、よれよれのくたびれたスーツも当然NGです。
クリーニングに出したての、
あるいはきちんとアイロンがけをされたスーツを着用してください。

シャツは白色が鉄則

シャツは白。白以外はありえません。
襟はカジュアルな感じのボタンダウンではなく、
レギュラーカラーのものにしましょう。
アイロンがけがされているなどピシッとした、
襟や袖に黒ずみのない清潔感のあるシャツでなければならないことは
いうまでもありません。

ネクタイは華美なものでなければ何でも構いません。
ですが、華美じゃないものって具体的には?と聞かれると、
それはもう実際にそのネクタイを確認させていただくしかなくなってしまうので、
どんなものでも間違いないのは無地の濃紺のネクタイです。
華美でないかどうか迷われるような場合には、
無地の濃紺のネクタイを締めれば問題ありません。
ブランドにはスーツ同様、特にこだわる必要ないでしょう。

靴も黒の革靴、一択です。
つま先のデザインはストレートチップかプレーントゥのものを選びましょう。
ウィングチップは華美な印象を与えるので避けたほうが無難です。
また、室内用のスリッパを求められる学校もございます。
そのような際にはつま先の見えない黒・または濃紺のスリッパを選びましょう

靴下の色まで気を使うように

最後に意外と間違えてしまうのが靴下です。
靴下は黒か濃紺の無地のハイソックスを履いてください。
模擬面接ではしばしば、白のソックスや、
丈の短いソックスをはいていらっしゃるお父さまをお見かけいたします。
イスにかけると白のソックスは悪目立ちします。
同様に丈の短いソックスはすねが見えてしまい、
カジュアルな印象を与えNGなので注意してください。

カバンも黒か濃紺の、
面接の際に床に置いても倒れないビジネスバッグにしましょう。
リュックやトートバックはカジュアルな印象を与えるので避けるのが無難です。

髪型も短めで清潔感のあるものに心がけましょう。
前髪を下げる際には目にかからないように、
耳もしっかりと出るような髪型になるように注意が必要です。
ひげもきれいに整えていたとしても、
どうしても清潔ではない印象を与えかねないので、剃ることをオススメします。

幼児教育・小学校受験 塾
チャイルドUP赤坂