白百合学園小学校対策

1881年に創設された日本の一貫女子校、そしてカトリック教育校として先駆けて的な存在の学校です。湘南白百合学園などを合わせると日本国内に7校の姉妹校を併設しています。大学までの一貫教育校としても非常に高い知名度を誇っていますが、
外部の大学への受験対策指導もしっかりと取り組みを行っている学校です。
白百合対策は講師が白百合小学校へ入学した経験、また講師自らも我が子を入学させて経験から、内部からみた白百合の特徴また学校に好かれるお子さまの特徴まで
様々な観点からアドバイス指導致します。



【当塾で取り組む試験内容】

ペーパー試験

ペーパー難関校といわれている学校です。出題範囲が広範囲に及ぶため、どの単元から出題されてもしっかりと最後まで取り組めるように、1つ1つの単元 に抜けがないように対策していく必要があります。
問題は全てスピーカーから流れてくる形式。クレヨンで回答する形が、現在はクーピーを使用する形に変わっています。
問題数も多いのが特徴の為、限られた時間内でテキパキと集中力と途切れさせることなく、こなしていく力も必要です。

個別テスト

お箸の使い方、ビーズの紐通し、お話し作りなど個別テストの出題内容も多岐の及びます。それぞれの課題をこなすだけではなく、最後まで諦めずに取り組む姿勢も評価対象となっています。努力して成し遂げるということを見つけるように取り組みます。

行動観察テスト

上級生の在校生のお姉さま方と「あやとり」や「紙芝居」、「折り紙」などの自由遊びをおこないます。世代の違う人たちとの関わり方や他のお友達とも積極的に遊べるか等が見られています。「あやとり」や「折り紙」などの巧緻性もしっかりと取り組んでいきます。


白百合学園小学校は、考査の内容をこなせているかを判断基準としているだけでなく、
考査中の姿勢や取り組み方、品位のある振る舞い、躾までもが評価の対象となっています。これを身に付けられるように、お教室の扉を開けてから最後<さようなら>まで
授業外のお教室にいる時間帯は徹底して所作に至るまで指導します。